体脂肪燃焼のメカニズム

体脂肪を燃焼させるのがいちばんダイエットにはといいと言われているようです。

 

人の体は、食事などで摂取したカロリーのうち使い切れなかった分を体脂肪として蓄積しています。

 

体脂肪が蓄えてあるのは、運動や生命維持などでエネルギーが必要となった時にいつでも使えるようにするためです。

 

脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化し、低下した血糖値を安定させようとします。

 

血液中に分解された成分が流れ出し、遊離脂肪酸が全身の筋肉でエネルギーとして燃焼されるのです。

 

運動によって体脂肪を燃焼させるには一定時間は継続して運動をしなければならないというわけです。