コラーゲンとは

コラーゲンとは、人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分です。

 

筋肉や内臓、髪、骨など色々な部位に存在しています。

 

骨や血管が、コラーゲンが体内で不足するともろくなってしまったり、お肌がシミやしわの目立つカサカサも肌の潤いが失われることによって変化してしまいます。

 

年齢を重ねるとともにコラーゲンは失われて、25歳を過ぎると急激に少なくなってしまいます。

 

コラーゲンは、ふかひれや牛すじ、鶏の手羽先などに存在していますが、毎日これらを摂ることは難しいですし、カロリーオーバーになってしまいます。